RYUKYU カマDo! プロジェクトについて


「10才の子どもが18才になる頃に琉球料理の背景を知り、きちんと1品作れるようになれば、食をツールとして沖縄の魅力を国内・国外に発信できる人材となる!」


私たちは、沖縄の伝統郷土料理である琉球料理を子どもたちに伝えることで、沖縄の歴史や食の豊かさを知り、地元のことをプレゼンテーションでき、かつコミュニケーション能力の高い人材育成ができると考えています。そのために、沖縄が誇る琉球料理を子どもたちへ普及していくためのプロジェクトを立ち上げました。
それが「RYUKYUカマDo! プロジェクト~こども琉球料理普及委員会~」です。